英語

英語で夢を見る条件を考えてみた。

みなさんこんにちは!

今回はどうしたら英語で夢を見るか考えてみました。

たまに「英語で夢を見るの?」と聞かれます。

今は英語でも日本語でも見ます。英語を勉強していた頃の夢は日本語だけで、実際に海外で生活をするようになってから英語の夢を見るようになりました。

 

英語を勉強している人の中には疑問に思っている人や、英語で夢を見てみたいなぁと思っている人もいると思います。

 

私も英語が話せるようになりたいと思ってから、英語で夢を見ることは一種の憧れでした。

初めて英語で夢を見た時のことは今でもはっきりと覚えています。

私が初めて英語で夢を見たのは、カナダ(初海外生活)で暮らし始めて約1ヶ月経った時だったと思います。

夢の中で台湾人のルームメイトと英語で何か話しをしていました。その場面が変わり、今度は学校の先生が出てきました。

教室に入る前のようで「今日来るのいつもより来るの遅いんじゃない?」と言われ、そのまま雑談していました。

それが夢の中で英語で会話をした最初の体験です。

このあとすぐに目が覚め「あれ、今夢の中で英語喋ってた…!」と不思議な気持ちになりました。

翌日、学校の日本人の友達にこの話しをして「英語で夢見たの?すごいね。いいなー」と言われたのも覚えています。

次の日は多分ずっとニヤニヤしていました。(気持ち悪い笑)

そのあとは見たり見なかったりでした。

 

今でも見る時と見ない時があります。

英語で夢を見るためにはどんな条件が要るのかちょっと考えてみました。

英語を使う頻度が関係する?

おそらくこれが一番関係ありそうです。

カナダのバンクーバーで生活を始めて1ヶ月で初めて英語の夢を見た、ということは、学校の授業やホストファミリー、ルームメイトとの会話でかなりの時間を英語で話しはじめたということです。

日本にいた時は映画を観たりポッドキャストを聞いたりと英語を浴びる時間はありましたが、英語を話す時間は週に1回1時間でした。

おそらく、英語で話す時間が増えたことが一つの理由だと思います。

 

でもバンクーバーにいた時は日本人の友達と話すことも多く、日本語も使っていました。英語で夢を見る頻度はそこまで多くなかったと記憶しています。

そのあと住む街を変え職場はカナダ人だらけで100%英語、住む家でも100%英語、友達もカナダ人だったのでいつでも英語を話す生活を送っていました。

この時はかなりの頻度で英語で夢を見ていたと思います。

 

そして面白かったのは、カナダから帰った直後に日本語の夢を見なかったことです。

1年間英語漬けの生活をして日本に帰った時に最初の3日間は英語の夢を見続けました。

日本語だけを使う環境になったのにもかかわらず、です。

頭の中はすぐに切り替わらないんですね。(人生で一番日本語がヘタな時期だったので仕方ないです)

 

そこから3年経ち、今はロンドンに1年ちょっと住んでいますが、カナダでワーホリをしていた時ほど英語で夢を見ません。

今でも仕事で英語を使い、家の中でも英語を話します。でもカナダの時と違ってtwitterやブログなどを日本語で書くので日本語で思考することが多いです。むしろ、仕事で8時間英語を話し続けて疲れた時は英語をシャットダウンしたくて日本語に移行していました。

 

英語で話す知り合いが増えたら、英語で夢を見る?

あと、日本にいた時と違うのは「英語を話す知り合いの多さ」です。

日本ではスカイプの先生としか英語を話していませんでした。英語を話す知り合いは1人でした。

カナダに移ったことで英語を話す知り合いが圧倒的に増えたことも、英語で夢を見るようになった理由の一つだと思います。

夢の中でも英語を話す知り合いとの会話は英語だからです。

日本人の友達が出てきたら夢の中は日本語

カナダやイギリスで知り合った人が夢の中に出てきたら、夢の中の会話も英語です。

海外生活が長くなって知り合いが増えると英語で夢を見る確率が上がるのもこのせいだと思います。

(でも、日本人以外の友達が夢の中で日本語を話していたこともありました。夢なので何でもありです笑)

寝る直前の行動も影響する?

あとは寝る直前にやることも影響する気がします。

カナダでワーホリをしたあとイギリスに来るまでは日本で1年間過ごしていました。

イギリスに来る直前、英語を思い出すためにシャドーイング(英語を聞きながら自分で真似して喋ること)をしました。

寝る前に行ったところ、その日は久しぶりに英語で夢を見ました。

カナダで英語ばかりを話す環境にいたので、少しやっただけで英語の夢を見たのかもしれません。でも寝る直前に英語を口から出したり英語でものを考えると夢も影響されそうです。

 

もちろん夢のことは私もよくわかりませんが、自分の経験を元になんとなくで仮説を立ててみました。

 

調べてみると面白そうな分野ですよね。

 

これを書いたあと、久しぶりに英語の夢を見るかな?と実験してみました。寝る前に英語のyoutubeを見ながらシャドーイングしてみました。英語のスイッチを入れたあとは1人でブツブツ独り言も言いました。

夢はというと、ロンドンで働いていたホテルの同僚が出てきたので英語だったんじゃ…?という曖昧な記憶です。そのあと場面が変わり、どこかで讃岐うどんを注文していたので最後はハッキリと日本語の夢でした笑

讃岐うどんて笑

「英語で」「日本語」で考えるよりは「何を」考えるのかが影響するのかもしれないですね。例えば、イギリス人の友達と遊ぶことを考えて仮にその友達が夢に出てきて英語になるとか?

よくわからんですね。

 

夢はコントロールできないのでおとなしくその日見るものに従います。はい。

 

誰の役に立つのかさっぱりわからない記事になりましたがお読み頂きありがとうございました。笑

1+
ABOUT ME
sayaka
sayaka
英ロンドン在住(YMS), ホテル フロント→バリスタに転職/《経歴》カナダ バンクーバーでホスピタリティーを勉強→ カナダ ケロウナでワーホリ(ホテルとカフェ,100%英語環境)《やって良かったこと》 好きな気持ちと執念で英語を話せるようになってから海外へ行ったこと→カナダのケロウナでは100%英語の環境を作り上げ、もうやりきった...と帰国。 ネイティブスピーカーとの仕事や生活の中から得たことを、英語や海外生活に興味のある人の役に立てたいと思います。