カナダ

【カナダ・ワーホリ】ケロウナに日本人は多い?少ない?英語は?

カナダのケロウナでワーホリを考えている方のために…

「ケロウナ ワーホリ 日本人」というキーワードでこのブログにたどり着いている人が多いので疑問にお答えします!

このキーワードだけでは日本人が多いことを期待しているのか、少ないことを期待しているのかわかりませんが

「せっかくのワーホリだから日本人が少ないところに行って英語力を伸ばしたい」

人が検索をしているという仮定で書きます。

 

ケロウナについてはこちらをお読みください↓

ワーホリにもおすすめ!カナダのリゾート地『ケロウナ』のご紹介!私が1年間過ごしたカナダ、ケロウナの紹介です。 カナダにワーキングホリデーに行く人は多いですが、バンクーバーやトロントなど都会に行...

ケロウナにいる日本人は多い?少ない?

まず、ケロウナに住んでいる日本人は少ないと思います。

バンクーバーやトロントの都市に比べたら、そもそも街が小さいので少ないです。

ケロウナの人口に対する割合で見ても日本人はおそらく少ないでしょう。

 

ただし、問題は街の中の日本人の数ではなく

 

 

自分の周りにどれだけ日本人がいるか です。

 

 

日本人がいるところ

どんなところに日本人がいたかというと…

・日本食レストラン

ケロウナには日本食レストランが結構ありました。日本人が経営しているところで働いている人はもちろん日本人が多いです。(日本食レストランと言っても中国系や韓国系の人が経営しているところもたくさんあります)

 

・語学学校

ケロウナには語学学校が2つあります。(International Gateway KelownaとVan West College Kelowna)

私は行っていませんがもちろん語学学校には日本人の生徒がいます。両方ともダウンタウンにあり、近くのバスターミナルでバスを待っている時はよく日本語を聞きました。

ダウンタウンのカフェでお茶をしていた時に日本人3~4人のグループを見たこともあります。おそらく学校帰りに寄っていたのでしょう。

生徒の国籍の割合などは正直わかりません。時期によるのかな?と思います。

 

・カレッジ

ケロウナにはカレッジが2つあります。(UBCオカナガン、Okanagan College)そこで専門的な勉強をしている日本人もいます。

 

日本人に囲まれて生活することも可能です。例えば語学学校で日本人と友達になり、日本食レストランで働いたら日本人とたくさん関わることになります。

結局は自分の周りにどれだけの日本人がいるかどうかで「日本人多いなぁ」とも「日本人は全然いないな」とも感じると思います。

英語は伸ばせるのか

結論から言うと、自分次第です。

働くなら英語の環境は作りやすいと思います。

ただし!

これはあくまでもカナダ人だらけのローカルの仕事でやっていける場合の話しかもしれません。

ローカル企業で働く

日本人が少ない

ずっと英語を話す、カナダ人の真似をする

英語がぐんと伸びる

こんな図式が成り立つ気がします。

 

英語が全く話せない状態で行く場合は働ける職種は限られます。(日本食レストランなど日本語の助けがあるところ)なのである程度話せるようになってから行かないと厳しいです。

 

なんとかしてローカルのカフェのキッチンスタッフで入り、周りのスタッフとコミュニケーションを取りながら仕事を覚えてキャッシャーのポジションになる…など考えれば方法はありそうです。

でもやっぱり最初のドアをこじ開けるのには、それなりの英語力は必要だと思います。

 

もう一つ英語を伸ばすのに良い環境だと思うことがあります。

 

 

ケロウナの人達の性格です。

 

 

 

一般的にカナダ人はフレンドリーで優しくて話しやすいと言われています。ケロウナは小さい街なのでもっとフレンドリーで優しい人が多いです!!

おそらく英語がそこまで上手く話せなくても我慢強く聞いてくれるのではないかな…と思います。

 

 

結論↓

 

 

本気なら英語を伸ばせる環境がある。

 

英語に真剣だったルームメイトの話し

私が約1年一緒に過ごしたルームメイトの話しをします。

日本人の女性でケロウナにトータルで3年いました。最初の1年はワーホリで日本食レストランのキッチンで働いていたそうです。ワーホリが終わった時にこの英語力で日本に帰るのは納得がいかないと思ったらしく、カレッジで勉強することを決めたそうです。

カレッジで2年勉強しながら英語の環境でボランティアをするなど積極的に英語を使う環境に身を置いていました。

そしてもっとも尊敬すべき点は

日本人同士でも英語で話そうと言ってきたことです。

私が家に引っ越した時に「日本語と英語どっちで話すのが良いですか?」と聞かれました。

私が「どちらでも良いです」と答えると

「英語オンリーでお願いします」と言われました。

引っ越した日から英語で話しました。2人でご飯を食べている時も、テレビを見る時も、遊びに行く時もです。

常に英語で物事を考える状態なので上達したのは言うまでもありません。

職場に日本人がいなかったので英語オンリーの環境でしたが、家まで英語を話す環境になったのは大きかったです。

ルームメイトには感謝です!!

本気だったらこのぐらいのこともできます。

自分のワーホリ経験

ケロウナを選んだ理由は「日本人の少ないところ」で「思いっきり英語の環境に浸かりたかった」からです。

もともと英語は好きで得意だったこと、日本で準備をしてから行ったこともあり、カナダ人がびっくりするぐらいには話せていました。

それでも1年間カナダ人だらけの環境で仕事をした後では、比べものにならないくらい伸びていました。

 

英語を伸ばしたくてケロウナに行き、1年間英語だけの生活をして「やりきった…満足。」と思いました。最初は「英語を伸ばしたい」が最優先事項でしたが、終わった時には違うことを感じていました。

特に仕事は就労ビザの話しが出るなど(ビザを申し込む側の労力も半端ないのに「やる!」と言ってくれた)周りが必要としてくれているのがわかって「英語を伸ばすこと」をはるかに超えた経験をしました。

と同時に、全力で過ごしたので疲れました。

もう一度あの生活をしろと言われても無理です。笑

 

これだけは間違いなく言える。

ワーホリの1年間をケロウナで過ごして正解でした!

 

ケロウナでの生活は数回に分けて書きます。

ケロウナでのワーホリ生活①「選んだ理由」と「家探し」今回は私がなぜカナダのワーキングホリデーでケロウナを選んだのかです。 ケロウナというのはカナダ西部にある自然が豊かな街で湖やワイナ...
0
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.