ワーホリ

ワーホリ出発前にやること! ー手続き編ー

ワーホリや留学で長期間海外へ行く場合はするべきことがたくさんあります。初めてだと何をすればいいかわからず不安になると思うので、2回のワーホリ経験からやっておいた方がいいことをまとめました。

 

※あくまでも私個人の経験になるので、ご自身で調べて責任を持って手続きをしてください。

海外転出届け・年金の手続き

転出届を出して住民票を抜く手続きです。これはメリットとデメリットがあるので自分で調べて、抜きたい場合は手続きをしましょう。出国14日前から手続きができます。

主なメリット
海外にいる間は住民税・国民年金・国民健康保険の支払い義務がなくなる

主なデメリット
・保険が受けられない(日本で何か治療を受けた場合は10割負担)
・失業保険が受けられなくなるなど

 

1年以上、海外にいる予定がある場合は抜く人が多いと思います。住民票を抜くと住民税・年金・健康保険を払わなくて良いからです。

※1月1日に国内にいた場合(日本に住民票がある場合)にその年の住民税がかかります。ですので年をまたがない半年程度の留学ではあまり意味がないかもしれません。

 

持ち物は身分を証明できるもの1点でした。転出届に自分の名前や住所、行き先(国名のみ)を記入して終わりです。

※自治体によって違う可能性があるので確認してください。

 

さらに、海外にいる間は年金を払う義務がなくなります。希望する場合は合わせて手続きをしましょう。

住民票を抜いたからと言って自動的に支払い義務が免除されるわけではないので年金事務所で手続きが必要です。

「海外に行くので住民票を抜いた」と伝え、年金手帳を出すとすぐに終わりました。

 

運転免許の期限前更新ができる

もし海外にいる間に免許の期限がきてしまう場合は期限前に更新ができます!

帰ってきてからでも海外にいた証明があれば(パスポートの日付スタンプ)できるようですが、私は行く前にやりました。

渡航先でその国の免許に変えたい場合は期限内の免許証が対象になると思うので、更新して行って損はないと思います。日本に帰国直後もすぐに身分証として使えますし。

 

一つだけ注意!
有効期限が通常より1年短くなります。
少しというのは、丸々3年や5年の期間ではなくなるということです。免許は誕生日が基準なので、期限(自分の誕生日の前後1ヶ月)前に更新をすると1回目の誕生日がすぐにきてしまい、その分短くなります。

 

詳しくは自分の地域の管轄にお問い合わせください。

 

銀行へマイナンバーの登録

海外への送金や海外からの送金に対して非常に厳しくなっており、マイナンバーを登録していないと受け付けてもらえない場合があります。

留学やワーホリの最後に余ったお金を日本の自分の口座に送る時のため、この手続きもしておきましょう。最後に使い切ってくる人はいいですが(笑)余った場合に現金で持ってくるのは怖すぎます。

私は地銀とネットバンクを使っていますが両方で必要でした。

 

海外保険への加入

これは何があろうと絶対です。
もし保険に入らないと、風邪など軽い症状でも何万円もかかったり、骨折や手術になると破産するどころか借金をするレベルでお金がかかります。自己責任で入らないという人もいるかもしれませんが、1000万を自己責任で払えるのでしょうか?

 

クレジットカード付帯のものや長期滞在用の保険など種類はたくさんあるので自分で調べて必ずどれかに入るようにしましょう。

私が入っているのは、提携の病院にかかる時に保険証を見せるとキャッシュレスで診察・治療を受けることができ、薬代もかからないものです。提携先の病院は大都市になりますが、提携先の病院がない地域へ渡航する場合でも申請をすると後からお金が戻ってきます。盗難にあった場合の補償や、飛行機が遅延した場合の他の交通費や宿泊費の負担の補償がついています。

 

バンクーバー滞在中に腎盂腎炎にかかり41度くらい熱が出ました。提携先の病院で診てもらい(日本の通訳者もいた)抗生物質でなんとかよくなりましたが、保険があって良かった…と思いました。もし保険に入っていなかったらお金のことも不安ですし、どこの病院に行けばいいかも困ります。

現地に着いたら、病院の場所や行き方を確認しておきましょう。

 

 

2親等以内の家族に何かあった場合の一時帰国費用が出るオプションもあります。

私はカナダ滞在中に祖母が亡くなり1週間帰国することになりましたが、飛行機代を含め全額戻ってきました。

※保険金が払われる条件があるので加入する際は必ず確認しましょう。

 

結論:海外保険には必ず入る。

 

歯の治療

これは超重要です!!!多くの海外保険では歯医者はカバーされていないので(カバーされていても少額)渡航先で何か治療を受けると莫大なお金がかかります。例えば、親知らずを抜くことになったら、飛行機代をかけてでも日本に戻って治療した方が安いと聞いたことがあります。

親知らずがある人は抜く、ない人でも虫歯などがないか定期検診を受けることをおすすめします。

私もカナダにいる時に親知らずが原因で歯茎が腫れたことがあります。日本にいた時は大丈夫でも、環境が変わって疲れたり免疫が下がると問題が起きやすいので歯医者は行っておいた方がいいです。

歯が痛くなると他のことは何も考えられません!!

 

クレジットカードを作る

海外ではクレジットカードが必須です。クレジットカードを持っている=社会的に信用されている証拠です。例えば海外のホテルではクレジットカードがないと泊まることができません。

現金よりもカード社会なのでどんなところでも使えます。屋台やフードトラックでも使えますし、2ドルのコーヒーもカードで買います。現金を持ち歩くのは危ないのでカードで済ませる人が多いようです。

クレジットカードを持っていない人は会社をやめる前に作りましょう!もうすでに持っている人も上限の金額を確認したり他にお得なカードがあるか調べて乗り換えるのもいいと思います。

私は学生の頃からカードを持っていたので渡航前に作ったわけではなかったのですが、他のカードを調べて新しいものを作っても良かったなと思いました。念のために親が持っているカードの家族カードを1枚作りました。

 

携帯電話の解約

これは契約している会社によって解約手数料や解約出来る時期が違いますが、忘れずに解約して行きましょう。

私は現在、格安SIMを使っていて日割りが出来るのでギリギリまで使いますが、カナダに行く前はauで月末での解約だったのでwifiだけの通信という不便な生活を半月ほどしました。

 

 

あと、一人暮らしの人は諸々やることがありそうですね。私は実家にいるのでここは割愛します。笑

 

 

ワーホリや海外渡航前にやるべき手続き関係をざっとまとめました。

私は2016年の5月に初めて海外(カナダ)へ行きました。その際に手続きをしたものと、今回2019年の1月にイギリスへ行くために手続きをしたものはさほど変わりはありませんでした。

ただ、状況が変わることもあると思うので、申し込みや手続きをする際にはご自身で調べてください!

0
ABOUT ME
sayaka
sayaka
英ロンドン在住(YMS), ホテル フロント→バリスタに転職/《経歴》カナダ バンクーバーでホスピタリティーを勉強→ カナダ ケロウナでワーホリ(ホテルとカフェ,100%英語環境)《やって良かったこと》 好きな気持ちと執念で英語を話せるようになってから海外へ行ったこと→カナダのケロウナでは100%英語の環境を作り上げ、もうやりきった...と帰国。 ネイティブスピーカーとの仕事や生活の中から得たことを、英語や海外生活に興味のある人の役に立てたいと思います。