カナダ

ケロウナでのワーホリ生活⑤「仕事探し」失敗した面接から学ぶこと

カナダ、ケロウナでのワーホリ生活を数回に分けて書いていきます。
最初から読みたい方はこちら!

ケロウナでのワーホリ生活①「選んだ理由」と「家探し」今回は私がなぜカナダのワーキングホリデーでケロウナを選んだのかです。 ケロウナというのはカナダ西部にある自然が豊かな街で湖やワイナ...

***前回までの内容***
いよいよ初面接を迎えました。すごくナチュラルに話すことができました。終わって気づいたことは、面接とは言うけど「普通の会話」であるということです。少し緊張はするけど目の前の人との会話を楽しめば良い。自分を知ってもらうために、どうしてここで働きたいかを知ってもらうために。

前回の記事はこちら!

ケロウナでのワーホリ生活④「仕事探し」初面接!カナダ、ケロウナでのワーホリ生活を数回に分けて書いていきます。 最初から読みたい方はこちら! https://english...

 

手応えがあった初面接。でも決まりじゃない。

初めての面接は難なくやり過ごしました。しかも、働いて欲しいとまで言われて上出来です。ただ問題は、その時点で空きがなく初夏の繁忙期を迎えなくてはいけないことでした。それでも一つ内定(?)をもらったと同じことなので、かなり心に余裕を持って仕事を探せました。

雰囲気が合わなかった2回目の面接

2件目の面接は世界的規模のラグジュアリーホテルでした。ここは専用のサイトで申し込みをして連絡を待ちました。この申し込みがかなり面倒でした。名前や連絡先など基本的な情報を入力し、職歴や経験を入力します。自分が添付したいファイルのアップロードもできるのでカバーレターとレジュメを添付しました。

そして、さらに質問がありました。
こんなシチュエーションの時はどうする?といった内容で4択の中から選びます。
全部で1時間以上はかかったと思いますが慎重にやりました。

 

2週間くらい後に面接にきて欲しいと電話がありました。

ただこの面接がなかなか変わっていたのを記憶しています。
最初の方は、どうしてこの仕事したいの?と普通の質問でしたが、途中からの質問はネガティブなものばかり。例えば、今まで働いていて同僚に腹がたったことは?どう対処した?など。

 

ストレスがかかった状態でどう受け答えするのかを確かめたいんだなと思いましたが、質問に対する答えがパッと出ず、話しを少し作りながら…でも突っ込まれると困るので余裕がなくなってしまいました。

 

終わった後は、まぁここはないだろうなと思いました。引きずっても仕方ないので次のことを考えるようにしました。

 

(実は、このホテルに半年後また面接に来ます。その時は手応えはありでした。
ただビザの残りが少なかったため採用には至らず。ビザの話しになった途端に面接していた人の表情が曇りました。でも自分の成長は感じられたので良しとしました。)

レジュメを配る。行動すれば不安が解消される

あー今回は失敗したな。と思いつつ、即行動です。

2回目の面接をしたホテルは町の中心部にあったので周りにもホテルがあります。その時はレジュメを持っていなかったので、募集をしているか聞いて回りました。

フロント付近にいたら声をかけられます。

フロント How can I help you?

私 Yes, actually, I’m looking for a job, especially at the front desk. I’d like to ask if you are hiring.

言い方はもちろんこの限りではありませんが、とりあえず「仕事を探しているので、空きがあるかを聞きたい」と言いました。

最初に聞きに行ったホテルは、「今は夜勤しか空いていない。でもレジュメはいつでも受け付けてるから持ってきて欲しい。マネージャーの名刺を渡すね」と教えてくれました。

 

やはり実際に聞きに行くのが一番です。

顔も覚えてもらえますし運が良ければ責任者と直接話しができるかもしれません。
何より欲しい情報が手に入ります。

私はたまたまメールをした段階で面接まで行けましたが、基本はレジュメを配りに行きます。

面接の結果を待っている間はどうしても気になってしまいますが、行動し続けましょう!

 

動いている方が不安が解消されます。気も紛れます。行動していると新しいアイディアが浮かぶこともあります。

次の回では「レジュメの配り方」について書きます。レジュメを配る前にできる準備、レジュメを渡す時に言うこと、レジュメを渡した後にやることです。

ケロウナでのワーホリ生活⑥「仕事探し」レジュメの渡し方カナダ、ケロウナでのワーホリ生活を数回に分けて書いていきます。 最初から読みたい方はこちら! https://english-f...
0