映画

映画「ラ・ラ・ランド」La La Landより日常で使える英語 ♪

La La Landより、ネイティブスピーカーと話しをしていると絶対に聞く英語を集めました!

女優を目指すミア(エマ・ストーン)とジャズ・ピアニストを目指すセバスチャン(ライアン・ゴズリング)を、LAを舞台に描いたミュージカル映画です。アカデミー賞を6部門も受賞し、日本でも人気になりましたね!

copyright:© 2016Summit Entertainment.

 

今回はLa La Land より日常で使える英語をピックアップします。教科書にはあまり載っていないもの、でもネイティブスピーカーがよく使う簡単な単語にしました!

毎日使う “grab”

同じパーティーに出席していたミアとセバスチャン。帰り際、隣の男性のつまらない話しに付き合わされていたミアは、車の鍵を取り帰ろうとしていたセバスチャンを見つけ、遠くから声をかけます。

ミア:Can I grab mine?
私のとってもらえる?

セバスチャン:Can I what?
なに?

ミア:Would you be able to grab mine? My keys?
私のとってもらってもいい?鍵!

セバスチャン:I can’t, your … sorry.(耳を指さして首を振る)
聞こえないんだけど

ミア:Can you grab my keys?
私の鍵とってもらえる?

セバスチャン : oh. 両手を広げて「で?」みたいな顔

ミア:please?
お願い!


・grab
つかむ、とる

聞かない日はないぐらいの頻出単語。
Grab my key please.
鍵をとってください。

実はこの”grab”は物をとる以外の使い方が多いんです!

よく聞くのは
・grab lunch
・grab a coffee

昼食やコーヒーをつかむという動作ではなくて、食事を済ます、コーヒーを飲むという意味です。
getやtakeよりスピード感があるそうです!

grab lunchと言うと、落ち着いてどこかでご飯を食べるよりもファストフードなどで、さっと済ます感じがします。食事に使える単語は eat や have だけではないんです。

人も”grab”します。
Grab Tom!
トム連れて来て!

掴んでひっぱって来る感じでしょうかね。

 

カナダのカフェで”Can I grab your name?”と言われたこともあります。
向こうのカフェでは注文を間違えないようにカップに名前を書いてドリンクを作る人に渡します。そのために「名前を教えて!」と言われました。ここでもgrab使うんだと新たな発見でした。

pleaseは大切!

同じ場面の解説です。

英語圏では人に何かを頼む時に “please” が絶対に必要です。親や友達に対してもです。セバスチャンが両手を広げた仕草は「何か足りないんじゃない?」という風に見えます。ミアが慌てて”please”を言うと鍵を取りに行きました。

英語圏では”please”のことを”magic word”(魔法の言葉)といいます。 子供はよく”please”を忘れるので、親がよく”You forgot magic word!” 魔法の言葉を忘れてるよ!と言います。子供は「あ!」という表情を浮かべながら慌てて”please!”を付け加えます。

 

変な感じ “weird”

その後、ライトハウスでデートをしていた時にセバスチャンは知り合いから一緒にバンドをやらないかと誘いを受けます。その後のミアとセバスチャンの会話です。

ミア:Who was that guy the Lighthouse? The guy that offered you the gig?
ライトハウスにいた人、誰だっけ。あなたに仕事をオファーした人。

セバスチャン:Keith,
キースか。

ミア:Yeah. Why was it so weird between you two?
そう。なんでお互いに気まずそうだったの?

セバスチャン:It’s always weird with him.
あいつとはいつも気まずいんだ。


・weird
変、気味が悪い

ウィワードみたいな発音です。(カタカナでは表せないけど)
この単語も日常でよく使います。

Look! That guy is weird.
見て!あの男、変。

人だけではなく状況が変な時にもよく使います。

I can’t login my computer! That’s weird.
自分のコンピューターにログインできない!おかしい!

セバスチャンとキースの雰囲気がweirdだと感じて質問したミアに対して
セバスチャンは「いつもweirdだよ」と答えました。

人と人の間が「変」ということなので気まずい、ぎこちない感じだと思います。

ちなみにキースを演じているのは歌手のジョン・レジェンドです。

丁寧にお断り “I wish I could”

キースのことをあまり好いていないセバスチャンでしたが、稼ぐためにバンドのメンバーになることにしました。でもツアーばかりでミアとはあまり会えなくなってしまいます。ミアに一緒にツアーに来たらどう?という場面です。

セバスチャン:You should come.
一緒に来いよ。

ミア:To Boise?
ボイシまで?

セバスチャン:Yeah, you can knock that off your bucket list.
うん。やりたいこと一つできるぞ。

ミア:oh, that would be … realy exciting. I wish I could.
それができたら…すごく楽しそう。できたらいいんだけど。


・I wish I could
それができたらいいのに…

もし誰かを誘ってこれを言われたら残念ながら100%お断りです。

wishは「〜を望む」ですが、起こりえないことを望む感じです。同じ「望む」の意味があるhopeは「こうなったらいいな」とまだ現実的です。

もしこの場面でミアが ”I hope I can”と言ったら、一緒にツアーに行く選択肢があり自分のスケジュールを調整するよ、という流れになるかもしれません。

“wish”と言ったら、もうそれは叶わないことなんだなとわかります。

 

中にだけじゃない “in”

セバスチャンの説得は続き、一緒について来てもどこでも仕事はできるだろ!と言われたミアの返事が次のセリフです。

Um… well, all my stuff is here, and it’s in two weeks.
でも物はここにあるし、舞台は2週間後なの。


・in
〜後

inは〜の中など場所に関するinは覚えていると思いますが、時間の経過を表す場合には〜後となります。

in two weeks 2週間後

in three minutes 3分後

in a month 1ヶ月後

 

なんでここで in !? とならずに
「時間のin」もあるんだと知っておきましょう!

 

 

2人の恋の展開、音楽、楽しむ要素が満載です!ラストの展開は好みが分かれそうですが、すごく現実的な感じがするので私は好きです。

 

今回は日常で使えそうな英語だけにしました!(本当は時間があれば歌詞も掘り下げたい!)

出てきた英語のまとめです。

 

今回の英語

・grab
掴む、とる、人を呼ぶ
grab lunch で昼食を食べる
(時間をかけずにさっと)

・weird
変、気味が悪い

・I wish I could
できたら良いなぁ
これを言われたらお断りです

・in
〜後
in two weeks
2週間後

 

もし映画を観ながら英語を勉強したい方はこちらの記事がおすすめです。
英語を話せるように自分で編み出した勉強方法の一部を書きました。

【効果抜群な3ステップ 】映画を使った英語の勉強法!英語を話せるようになりたいけど、何を使ってどうやって勉強すればいんだろう? 高いお金を払っても効果がでなかったら嫌だな...。 ...

 

映画だけを楽しみたい方はこちらの動画配信サイトで配信中のようです(2019年2月現在) 30日間は無料で色々な作品が見れるので、映画を楽しみたい人には良いと思います。(英語の字幕はつきません)

 

La La Land (2016 アメリカ)
監督:デミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ 他

映画のイメージとセリフは全て、著作権元、映画配給会社に帰属します。

Copyright: © 2016  Summit Entertainment, Lions gate

0