英語と日本語の違い

英語を勉強する前に【文化の違い】を知る大切さ

「英語を勉強する」と聞くと、単語を覚えたり文法を勉強することを思い浮かべる人が多いと思います。もちろん単語も文法も大切です。でも実はその前に、知らなければいけない超大事なことがあります!

 

それは、英語と日本語は (日本と英語圏の国では)文化が違うということです。

「文化」ってなんでしょうか。goo辞書に載っているのがこちらです。

「文化」は民族や社会の風習・伝統・思考方法・価値観などの総称で、世代を通じて伝承されていくものを意味する。

 

文化が違うとは、考え方や概念が違うということです。
文化が違えば、同じ状況でもその時にとる行動が違うんです。

「英語の文化」と「日本語の文化」

具体的に同じ状況を思い浮かべて、それぞれ一般的にとる行動で比べてみます。

・初対面で挨拶をする時
【日本語】→名前に「さん」付けし敬語を使い、頭を下げてお辞儀をします
【英語】→基本的にはファーストネームで呼び、お互い目を合わせながら笑顔で握手をします

・お礼を言う時
【日本語】→「ありがとうございます」と言いながら頭を何回か下げることがあります。「ありがとう」の他に「すみません」も使います。謝っているわけではなくて感謝の気持ちが入っていることは日本語が話せる人は皆知っています。
【英語】→頭を何回も下げることはありません。(目を合わせたまま一度あごを引くことはあります)絶対にThank youです。I’m sorryとは言いませんし、この言葉に感謝の気持ちはありません。

誰かに物を拾ってもらった時に”I’m sorry!”なんて言うと英語圏の人は「???」となります。

・会社での役職
日本の会社では「◯◯部長!」と名前+役職で呼びますが、英語では上司のこともファーストネームで呼び捨てにします。役職では呼びません。もしこれを知らない人が海外赴任をして本人に向かって”Manager!”(マネージャー!部長!)と呼ぶと現地の人たちは驚いてしまいます。

 

同じ状況でもとる行動が違います。日本の行動のまま言葉だけを英語にしてもダメです。

「ありがとうございます」と言いながら頭を下げるのは普通です。日本語と日本の行動が一致しているからです。
でも”Thank you” と言いながら何度もお辞儀するのはおかしいです。英語を話しているのに、行動は日本式だからです。

『郷に入りては郷に従え』という言葉があります。

言葉と文化は密接な関係があるので、文化を知らなければその言葉を深く理解できません。

日本の学校で教えてくれるのは暗記することばかりですが、まずは文化が違うこと、それによって言葉や行動に違いが生まれることを説明するべきじゃないかなぁと思います。

単語をたくさん覚え、高度な文法を理解し、テストの点数が高かったとしても「話す」「誰かとコミュニケーションを取る」という観点では大切な何かが欠けたままのような気がします。

口から出す言葉と文化的な行動が一致して初めて、その言葉を「使える」状況になると思います。

私の失敗談

これは逆のパターンですが…
カナダから日本に帰ってすぐの頃、レストランで注文を取りにきたウェイターさんの顔を何気なく見ました。その人はものすごく驚いた顔でこちらを見ました。私も一瞬、?となりましたがすぐに状況を理解して反省しました。

英語圏ではお互いに目を合わせて”Hi! How are you?”などとまず挨拶するのが普通なので、相手の顔を見るという行動を無意識に取ってしまいました。日本では「いらっしゃいませ」と言って水とメニューを置いて一度去るのが普通の行動です。その際に会話をすることはあまりありません。

この時の私は日本語を話しながら英語の行動をとるというチグハグなことをしたので、ウェイターの方をびっくりさせたのでしょう。

日本にいながら英語圏の文化を知る方法

文化を知ると言っても、どうしたらいいんだろうと思うかもしれません。周りに外国人がいるわけでもないし、今すぐ海外に行くわけにもいかない…。

日本にいても英語圏の文化を知ることはできます!

ドラマや映画を見ればいいんです。

例えば、食事のシーンでみんながテーブルにつき”Let’s eat!”と言って食べ始めました。
日本語で同じ状況を考えると?
「いただきます」と言う場面です。
いただきますは直訳できるものがなく、英語では「さぁ食べようか」と言うんだなとわかります。

映画やドラマを見ると、人とのコミュニケーションの取り方を(仕草や表情を含めて)状況ごとに知ることができます。

私は文化の違いを知ろうとして映画を見ていたわけではありません。映画を見ながら英語を覚えた結果、自分でも気づかないうちに「文化の疑似体験」をしていたのですぐに英語圏に行った時に溶け込めました。カナダ人に英語が自然だねと言われたのは、言葉だけの話しではない気がするのです。

 

映画を使った勉強方法はこちらに書いてあります。

【効果抜群な3ステップ 】映画を使った英語の勉強法!英語を話せるようになりたいけど、何を使ってどうやって勉強すればいんだろう? 高いお金を払っても効果がでなかったら嫌だな...。 ...

英語の勉強を楽しむコツ

2つの言葉は違うということを頭に入れておかないと、いつでも日本語の感覚で英語を見てしまいます。文化的背景がかなり違うことを踏まえ、英語と日本語は別物なんだという割り切りが必要です。

その上で単語を覚え、文法の勉強をしましょう。
全く別の言葉なので、文法も全く違います。発音も全く違います。難しくて当たり前です。でも「へぇ!英語はこういう風に考えるのか。日本語と違うなぁ」と、気持ちに余裕を持てば、文法の違いさえもきっと楽しく感じられはずです!

 

0
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.