勉強方法

【効果抜群な3ステップ 】映画を使った英語の勉強法!

英語を話せるようになりたいけど、何を使ってどうやって勉強すればいんだろう?
高いお金を払っても効果がでなかったら嫌だな…。


ここではお金をかけなくても効果抜群で楽しい勉強方法を紹介します。

その方法とは、
『映画を使い倒す!!』

どう使い倒すのか、具体的に説明します。

映画を使うのがいい3つの理由!

映画を使う利点は主に3つあります!

リアルな会話が聞ける!

もうこれにつきます。
学校で英語を習ってきた間にリアルな会話をどれくらい聞いたでしょう。ほぼ皆無だと思います。教科書に載っていることはリアルな会話ではありません。基礎を覚えるために「作られた会話」です。

映画を見ると、教科書にはない「血が通った感情のある会話」が聞けます。よく口語で使われる単語、言い回し、表情、ジェスチャー、反応の仕方、言いよどみ方。全部一度にわかります。これら全てを含めて話すということ。「リアルな会話」です。

単語やフレーズを暗記しても、文法を知っていても、どうやって使うのかわからなければ意味がないんです。暗記したフレーズで質問しても、相手の返しに反応できなければ会話とは言えません。

実際に生の人間と話すのではなくても、誰かが会話しているのを自分の目で見る・耳で聞くことで自分の中に蓄積されるものは大きいです。

 

安い!!

ツタヤやゲオに行って借りてもだいたい100円程度ですし、NetflixやHuluなどの動画配信サイトに登録しても高くありません。世の中に高い英語の教材が溢れていますが、買った後にイマイチだなと思ったりやる気がなくなったらイヤですよね。

でも映画を観るのは安く済みます!この映画あんまり面白くないなぁと思ったら違うものに変えればいいだけです。

 

選択肢が豊富!

何本か選んでいくとそのうち自分の好みがわかるようになります。「似たタイプの映画が観たいなぁ」とか「この俳優さんが出ているのにしようかなぁ」と次に繋がりやすいです。

英語の勉強のためだけではなくて、人生のためになる名言や考え方など良い映画に出会えることもたくさんあります。

効果を高める3ステップ

次は使い方です。私がやった方法を説明します。同じ映画は2回(以上)観ます。

 

①英語音声、日本語字幕で1回目

最初に日本語字幕で見る理由はストーリーを理解することです。わかりもしないのにいきなり英語の字幕にしたり字幕をつけずに観るのは私はおすすめしません。きっと楽しめないからです。(楽しくないと続かない!)

 

②英語音声、英語字幕で2回目

ストーリーを理解したあとで英語の字幕にすることによって、何が起きているんだろう??とならずに英語に集中できます。

へぇこんな簡単な単語を使うんだ!こんな言い方があるんだ!こういう風に発音するんだ!と新たな発見がたくさんあること間違いなしです!

 

③気に入ったシーン、感動したシーンをノートに書き写す

どこか感動したところや面白かったところなど2~3分のシーンを書き写す。

これはたくさんいいことがあります。一言のフレーズじゃなくて少し長めの会話を選ぶのがポイントです。

何か一言を覚えるよりも、会話の掛け合いを少しでも記憶に残した方があとで応用がききます。

上の方でも書きましたが、学校で習う英語と話すための英語の間には、かなりのギャップがあります。
それは、感情があるか、言葉に血が通っているか、です。そのギャップを埋める一つの方法として映画を観ているので、必ず自分の感情が動いたシーンにしてください。

書いたことを暗記する必要は全くありません。自分の中に「リアルな会話」を蓄積するのが目的です。もしラストの盛り上がりや名場面を選んだのならほぼ必ずYoutubeにそのシーンがあるでしょう。また見たくなった時には自分が書き写したものが役に立ちます。

自分の手を動かすことで自分の中に英語が浸透してきますし、手帳などに書き溜めていくと、自分のやっていることが積み上がっていく感じが楽しいです。

欲張らないこと!

あのシーンもいいな、ここのシーンもいいなと何箇所も選んだり、書き出す時にわからない単語を調べすぎたり文法のことを考えすぎないでください。

モチベーションを保つことを最優先に考えたら「ここ、よくわからないなぁ…まぁそのうちわかるようになるか!」このくらいでちょうどいいです。あとで見返した時に「前はわからなかったけど今はわかる!」と成長を感じるはずです。ほどほどにやりながら、長く続けられるようにしましょう!(あくまでも、大事なのは「続けること!」)

どんな映画を選べばいいの?

いざ観ようと思ってもどんな物がいいのかと気になりますよね。
基本的に自分が好きな物や興味のある物がいいと思いますが、会話に役立てることを考えると日常会話が多めの恋愛系やヒューマンドラマ、もしくはコメディーがいいと思います。例えば犯罪シーンや裁判のシーンが多い映画を見てもそこに出てくる英語はきっと自分では使わないですからね。

でも大切なのは自分のモチベーションが上がる物、保てる物を選ぶことです。

オススメの映画

よし、さっそく映画観るぞー!!
でも何を観るか悩む方もいると思うので、個人的にオススメする映画をご紹介します。

詳しい映画の紹介は別にする予定なので、主にタイトルのみ紹介します。

ラブコメディー

アバウトタイム
イギリスの田舎に住む冴えない青年ティムはある日、自分にタイムスリップ出来る力があることを知ります。ティムの目標は彼女を作ること!序盤はコメディー色が強いですが、タイムスリップを繰り返す度に大事なことに気づきます。おちゃらけすぎず真面目すぎず、ちょうどいい映画。

イギリス映画「アバウト・タイム」から学ぶ英語と気づき今回ご紹介するのはイギリス映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」です。 © Universal Pictures ...

ラブ・アクチュアリー
クリスマス時期のロンドンが舞台。老若男女12人それぞれのストーリーが上手く融合して最後はほっこり。豪華なイギリス俳優陣がすごいです。クリスマス以外の時期に見ても楽しめます。(日本公開は2月だったそうです)

映画【ラブ・アクチュアリー】で英語のお勉強今回は映画の中から使えそうな英語や面白い場面を紹介します。 「love actually」というイギリスのクリスマス映画です。 ...

・ホリディ
ロンドンとLAに住む女性2人が2週間だけ家をチェンジ!それぞれに出会いがあり…ストーリーも面白いですし、アメリカ英語とイギリス英語を両方楽しめるのがこの映画のいいところ。

 

純愛系

君に読む物語(原題 The Notebook)
王道の恋愛物だと思います。貧しい家の男の子とお金持ちの女の子の恋愛の話しです。お互い好きなのに両親に反対され、離れ離れになり、お互い違う人生を歩んでいる中で偶然再会する。果たして2人はどうするのか…音楽も素晴らしいです。

コメディードラマ

ここからはタイトルのみで失礼します。

・プラダを着た悪魔
・マイインターン
・イエスマン

ヒューマンドラマ系

・アイアムサム
・フォレストガンプ
・グッドウィルハンティング

ディズニー ※ピクサー系の方が英語がわかりやすいです。

・ファインディングニモ
・トイストーリー
・モンスターズインク
・アナと雪の女王

幻のトロールを探せ!『アナと雪の女王』の" Let It Go"できない、悲しいお話し世界中で大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』 let it goの歌も含めて話題になりましたよね。 英語の原題はFroz...

 

アクション系

・ハンガーゲーム(血が苦手な方は控えてください)

 

私は月曜から金曜まで働いていたので、金曜日に1本借りて土日のどちらかで1回目、月曜から木曜の4日間で2回目を観ました。(1日30x4日で2時間になるので1本見れます)そして金曜日に新しい映画を選ぶ、この繰り返しをほぼ2年やりました。なので今まで見た映画は100本以上!?

 

映画を観るのはハードルが低いのでとりあえずやってみることをオススメします。
英語の字幕に対応する動画配信サイトもあります。

本当に話せるようになりたければ、行動するのみ

huluは英語字幕対応の映画を観ることができます。

最後に一つ、会話だけではなく表情や動作なども含めてのリアルな会話と書きました。日本語と英語を話す時にはちょっとした動作も違うことがありますそれを自分の目で何度も見ることによって、自分でも気づかないうちに英語の話し方が身についている、今振り返るとそんな気がします。

それは言葉の違いと「文化の違い」に関係があると思います。
「文化の違い」については別の記事で書いているので興味がある方はぜひ読んでください。

英語を勉強する前に【文化の違い】を知る大切さ「英語を勉強する」と聞くと、単語を覚えたり文法を勉強することを思い浮かべる人が多いと思います。もちろん単語も文法も大切です。でも実はその...
0
This error message is only visible to WordPress admins

Error: Connected account for the user sayaka_f_11 does not have permission to use this feed type.

Try using the big blue button on the "Configure" tab to reconnect the account and update its permissions.